ハッキリクッキリ大量印刷にも最適な方法がコレ

トナーを使った印刷方法はどういう特徴があるのか

一般家庭における印刷はインクジェットプリンターと呼ばれるノズルの先からインクを吹き付けるタイプのものが使われる場合が多いものです。しかし何百ページもあるマニュアルを印刷したり大量の印刷を要する場合にはインクカートリッジを何回も取り換える必要があり手間も面倒になります。こういう場合はモノクロを始めレーザーカラープリンターが利用されます。最近は価格も以前に比べると下がって来ていて購入しやすくなっています。
レーザーカラープリンターはインクカートリッジの役目をするものがトナーカートリッジと呼ばれるプラスチック容器です。シアン、マゼンタ、イエロー、クロの4種類のカートリッジがあって内部には色の微粒子が入っていてこれで印刷が行えるようになっています。光沢紙に写真のプリントは行えず普通紙を使用することになっています。

トナーの粒子についての概要とは

粒子は1000分の5ミリといった大きさでプラスチックの容器の中に封入されていて使用する際にはシールを抜いて印刷機本体にセットして使うことになります。肉眼では見られないほどに微粒子の為にこれで大量の印刷も可能になるとされています。又、インクジェットは液体の為に印刷したての場合はにじむ場合がありますが、トナーは粉末状のインクであるためににじんだりしません。原料は黒色の場合は黒鉛、赤や青、黄といった顔料とプラスチック樹脂やワックスが使われています。これらの原料をよく混合して固めたものを粉末になるまで細かく粉砕して作られるというのが一般的です。しかしこの方法では粒子の大きさとか形が一様にならず文字や画像が不鮮明になる場合もある為に水中で混ぜ合わせる方法も知られるようになっています。

扱う上でどういうことに注意すれば良いのか

現在の技術では粒子の直径は1000分の5ミリであったものがさらに小さくなって1000分の0.3ミリといった大きさにまでなって来ています。もし粒子を何らかの機会にこぼした場合にはほうきで掃きとるとるか石鹸水に濡らした布でもってふきとるようにすることが大切です。電気掃除機を使った場合にはその粒子の直径が小さなためにフィルターを通り抜け、部屋中に充満することになります。掃除機内部に付着すると電気の火花が生じることで発火する恐れもあります。従ってこれを原因として火事になることも可能性としては残されています。取り扱いについてはこういうことからも注意を要することが分かります。設置場所や作業環境もそういう意味では注意深く扱うことが大切にもなって来るものです。

使用済みのトナーカートリッジをリユースすることで、環境保護に貢献します。 純正品と変わらない品質のリサイクルトナー・インクカートリッジ等をお求めやすい価格でご提供致します。 リサイクルトナーは、御社が環境に配慮する地球にやさしい企業であると伝えるお客様へのメッセージになります。 使用済みのトナーカートリッジを、工場にて分解、クリーニング、リユースできるように製品化します。 こだわりの国内生産トナー